2015年03月31日

第2節 大宮戦

写真整理がてら更新を。

006a.jpg

さすがにいまさらなタイミングなので試合内容は割愛。
しかし、J2に降格してしまったとはいえホームでの勝利はいつぶりか。
久しぶりに聴いた桜満開はとても気持の良いものだった。

今後の奮闘に期待したい。

006b.jpg

posted by キリハラ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2015年03月27日

クロス エッジ

今回はボールペン。
実用性とコストパフォーマンスの面で言うならジェットストリームなどを勧めるところだが
今回はそれとは違う「ワンランク上のボールペン」の紹介。

005a.jpg

今回紹介するのはCROSS社のEDGEというモデル。
コレ系のものは他にもMONTBLANC、WATERMANやPARKERなどの
万年筆で有名なメーカーから様々なタイプのものが出ているのが、
今回私がこれを選んだ理由は
「機構上永久保証」「このモデル独自である開閉式の芯の収納」
の2点があるのが大きい。

最初の理由である機構上永久保証とはその名の通り
機構の上で故障があった場合は永久に無料で直しますよというもの。
(ただし、経年劣化やユーザー自身で誤って壊してしまった場合などはこれに含まれないので注意)
見たところ、弱い作りはしてなさそうだし
この保証自体にはあまりお世話にならなさそうだが
この保証自体がメーカーの製品への確かな自信の現れと感じた。

そして、次の理由であるこのモデル独自の芯の収納。

005b.jpg
こちらが芯の出ていない状態。

005c.jpg
そしてこちらが芯の出ている場合。

ペンの先側とグリップ側を引っ張ると芯が出てくる仕組みだ。
表現的には開く、閉じるだろうか。

この仕組みはノック式と違いポケットや鞄などに入れていても誤って芯が飛び出さない。
芯を出す時も仕舞う時も人の手で意図的に操作しないといけない。
一見、不便そうに聞こえるが上で述べた通り意図しない誤作動は起きないので
シャツやスーツ、鞄の中などがインクで汚れたりすることはない。

この他にはない機構にも惹かれ購入に至った。
使用面においては重量感があり手にしっくりと落ち着いた感じがする反面、
やはり長時間の使用には向かないと思われる。
書き心地自体は悪くはない。

ただリフィルが専用のものしか使えない上に2種類しかバリエーションがないのが難点か。

価格はこの価格帯のものにしてはリーズナブルな部類に入る。
万年筆以外の高級筆記具の選択肢としては十分。
また、プレゼントなどにも良いだろう。


満足度:★★★★★

クロス http://www.cross-japan.com/
タグ:雑貨 文房具
posted by キリハラ at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 文房具

2015年03月19日

ダイドー ル・クルーゼキッチンマグネット

今回は番外編ということで。

004a.jpg

成城石井に行った時に見つけたので思わず購入。
ダイドーの特定の製品にオマケとしてついてる・・・らしい。
検索してもそれらしい情報が得られなかった。何故だろうか?

004b.jpg

004c.jpg

何故か特定の数種類だけ他の種類に比べて塗装があっさりした仕上がりなので
よく見てからの購入をお勧めする。
全12種類。




タグ:雑貨
posted by キリハラ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨

2015年03月04日

山田照明 Z-LIHGTZ-108B

当サイトに来られる方の何割かはZライトで検索をかけているようで
昔の記事のままで紹介するのもなんだか心苦しい。
ということで今回は以前、記事にしたZライトの書き直し。

現在の机周りはこんな感じ。
003a.JPG

愛用者の多いこのZライト。山田照明の定番にして傑作モデル。
可動式アームスタンドライトといえばコレと言っても過言ではないだろう。
機能的でシャープながらもどこかレトロ感を感じさせるデザイン、
そして抜群のコストパフォーマンス。
やはり定番になるには理由があるということだろうか。

003b.JPG

可動箇所は3箇所。中間の可動部がスッと動いてピタッと止まり、
片手で手軽に位置調整ができる。
根本の接続部はクランプ式になっており手軽に設置できて倒れない。

さすがにデザイン的な部分ではデザイナーズものには劣るかもしれないが
インダストリアル的なデザインなので比較は難しい。
調光機能がないので添える程度の光量が欲しい場合は壁に当てて
間接照明的な使い方をするのがお勧めだ。

003c.JPG

白熱電球が付属しているが、その場合
長時間使用すると照明と机の間の空間が汗が出るほど熱くなってくるので
購入の段階でLED電球も一緒に買うといいだろう。

今で4年ほど使用しているが、これと言って不都合も見られない。
万人におすすめできる一品。


満足度:★★★★★
posted by キリハラ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア